不登校新聞

552号 2021/4/15

「漫画家」に関連する記事

「仕事がまるで続かない」漫画家・永田カビが見つけた苦しみの源

生きづらさを抱えてきた漫画家の永田カビさん。「誰かに抱きしめられたい」という思いや、自身の葛藤と体験、家族関係までを赤裸々に描いた漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 547号 2021/2/1

場面緘黙の私が初めて取材しました!!【取材方法と苦労した点】

2017年9月11日、インターセックス(半陰陽)の漫画家、新井祥さんにインタビューを行なった(記事)。本欄では、企画者と同行メンバーが取材をふり返った。  今回、新井祥さん...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 470号 2017/11/15

萩尾望都さん記念講演

08年4月29日、本紙創刊10周年記念集会「不登校の森から生まれたもの」を開催した。基調講演は漫画家・萩尾望都さん。萩尾さんは、自分が読んだ本を紹介しながら、「成長と冒険」を...

  いいね!   none 匿名 from 242号(2008.5.15)

私からのメッセージ ノンフィクション漫画家・田房永子

一日5秒くらいでいいから、自分だけは自分の味方をする、っていうのを一生懸命がんばってみてください。

  いいね!   kito-shin kito-shin from 緊急号外(無料)

“私の母”という呪縛 漫画家、田房永子

今回のインタビューは漫画家・田房永子さん。母親との関係で苦しんだ実体験を描いた『母がしんどい』などの作品は、子ども若者編集部でも話題になった。母娘関係をどう考えたらいいのか、...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 414号 2015/7/15

取材後記 なぜ人は“母”から逃れられない?

田房永子さんへの取材前の打ち合わせのようす  いま「毒親」という言葉が流行っている。「毒親」とは「自分にとって毒になる部分のある親」のこと。この言葉をめぐる議論から今号の田...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 414号 2015/7/15

現場が凍りついた荒木飛呂彦先生への一言

俳優、漫画家、映画監督など、各ジャンルで活躍されている方々に「不登校」について聞くというのは、本紙ならではの取り組みだと思います。私がこれまで取材させていただいたなかにも、い...

  いいね!   koguma koguma from 403号 2015/2/1

不登校した自分の気持ち、漫画に

今号のインタビューは、漫画家の棚園正一さん。現在、自身の不登校体験を描いた漫画『学校へ行けない僕と9人の先生』をインターネット上の『WEBコミックアクション』にて連載中だ。不...

  いいね!   koguma koguma from 390号 (2014.7.15)

漫画家・ちばてつやさんに聞く

今回、子ども若者編集部が取材したのは、マンガ家・ちばてつやさん。ちばてつやさんは旧満州で育ち、その後日本に引き揚げてきた経験を持つ。ちばてつやさんの戦争体験や、戦争を知らない...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 296号(2010.8.15)

なんでみんな学校に行くの? 西原理恵子

300号記念特別インタビューには、マンガ家・西原理恵子さんが登場。Fonte子ども若者編集部が自身の悩みや思いなどを打ち明けながら、西原さんに不登校について、親子関係について...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 300号(2010.10.15)

漫画家・あずまきよひこさん取材後記

助けてくれたマンガ  僕は中学校1年生の秋から半年間、自分の部屋からは、ほとんど出ない生活を送っていました。というのも、中学生になって部活の人たちとの関係がイヤになり、完全な...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 314号(2011.5.15)

漫画『沈黙の艦隊』作者 かわぐちかいじさんに聞く

今回のインタビューは漫画家・かわぐちかいじさん。取材によって、かわぐちさんの娘さんも不登校だったことがわかり、当時の心境もお聞きすることになった。うちの娘も不登校だったんだ―...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 341号(2012.7.1)

漫画家・荒木飛呂彦さんに聞く

マンガへの原動力は"好奇心"  新年号の巻頭インタビューは、マンガ家の荒木飛呂彦さん。20歳でプロマンガ家としてデビューして以来、第一線でマンガを描き続けている。代表作『ジ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 305号(2011.1.1)

漫画家・青野春秋さんにインタビュー

青野春秋さんに聞く 『俺はまだ本気出してないだけ』。主人公は42歳のフリーター。立場はちがうが、不登校・ひきこもりの心情を、内側からえぐり出したような描写が光る漫画である(7...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 337号(2012.5.1)

漫画家・鬼頭莫宏さんに聞く

学校はたんなる入れ物 不登校でも人生困らない 今回お話を聞いたのは、漫画家の鬼頭莫宏さん。鬼頭さんの作品は子ども若者編集部内でも人気があり、インタビュー取材に応じていただいた...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 346号(2012.9.15)

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...