不登校新聞

506号 2019/5/15

「どん底」に関連する記事

「みんな同じ不安をもってる」それを気づかせてくれた初音ミクの曲

ちょうど20歳になったころ、何もない自分に絶望していた。自分なりにがんばって勉強し、車の免許や高認資格を取っても、まわりと比べてしまうと「できて当たり前、ふつうのこと」と思っ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 488号 2018/8/15

悲しいときはちゃんと絶望したい だから私は大森靖子を聞く

私がどん底だったのは、おとといです。私は人間関係などのトラブルからアルバイトに耐えられなくなり、辞める決断をしました。それを母に話したのがおとといのことでした。

  いいね!   kito-shin kito-shin from 486号 2018/7/15

戦隊ヒーローの「素顔」が不登校の私に教えてくれた“夢”

学校へ行かないことにも慣れてきた中3の春、私は俳優の相馬圭祐さんを知った。彼は私がもっとも好きな特撮作品「侍戦隊シンケンジャー」のシンケンゴールド役で出演しており、その姿に勇...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 485号 2018/7/1

私が支えられたのは現代アート【不登校当事者手記】

空が青色だと気づけるようになったのは、27歳をすぎてからのことだ。人生は暗く、私に見える世界は幼少期からモノクロだった。 痛みに満ちていた10代のころに、救済になったのは美術...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 484号 2018/6/15

どん底の時期、ラップのリリックに支えられた【不登校経験者手記】

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.14  私がどん底にいたとき、光を見せてくれたのはラップです。憧れのラッパーはステージの真ん中でスポットライトを浴び、輝いていま...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 480号 2018/4/15

おばさんたちが唄うキャロルに不登校ど真ん中の私がグイッと救われた理由

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.13  どん底の私を救ったのは、たしか「ルイジアンナ」(キャロル)だった。私が不登校した直後に「東京シューレ」が行なった10周年...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 479号 2018/4/1

「みにくさ」がなぜか優しかった どん底の私が支えられたもの【当事者手記】

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.12  現役不登校のころ、私の自己イメージは「うんち色の図体の大きな塊」だった。こんな私が空間を占拠していて、ごめんなさいと日々...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 478号 2018/3/15

学校嫌いの私とドラムをつないだ「カロリーメイト」

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.11 私を支えてくれたもの、それはバランス栄養食品「カロリーメイト」である。学校の先生にとって、私は扱いづらかったと思う。勉強もス...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 477号 2018/3/1

「尾崎豊が生きた歳までは生きよう」どん底だった私が支えられたもの【不登校当事者手記】

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.10  私がどん底のときに支えられたものは、ロックです。毎日死にたくてしかたなかった高校1年のときに、尾崎豊の曲に出逢い、危うさ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 476号 2018/2/15

一度、社会に出てからの無職は地味にこたえる、そんなときに聞いてたあの曲

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.9  いちど社会に出てからの無職は、地味にこたえる。もう10年以上前のことだが、大学を卒業後、サラリーマンになった。6時に起きて...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 475号 2018/2/1

13歳で不登校。「自分もいつか伸びるはず」ネットの動画に励まされ

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.7  私が不登校になって今年で10年がたちます。不登校になったきっかけは部活の顧問からの体罰でした。 それ以来、私は「先生」とい...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 472号 2017/12/15

昼間はすべてが怖い、深夜ラジオだけが友だちだった【不登校当事者手記】

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.6  私は小学校6年生で学校に行けなくなり、その後、ひきこもりました。そのころの私は、昼間は学校に行っていないうしろめたさから、...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 471号 2017/12/1

「死にたい」から、あえて「自死禁止プレイ」をやってみた

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.5  役に立ったのは「自死禁止縛り」導入です。死のうと思うほど、どん底だった17歳のころ。なぜ「ただ生きるだけ」でこれほどつらい...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 470号 2017/11/15

リア充にうんざり、俺だけの核を見つけた日【子ども若者編集部コラム】

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.4  「どうして世の中バカばかりなんだ!」。高校1年生の夏、軽音部をクビになった私は荒れていた。どいつもこいつも、女子が喜ぶ曲を...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 469号 2017/11/1

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.3  僕は、現在18歳で、「今の今がどん底」という感覚のなかで生きています。強迫性障害、発達障害などの特性から、延々と考えてしま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 468号 2017/10/15

どん底の私が支えられたバンド「シロップ16g」

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.2  元々悩みがちな性格だった自分ですが、中学時代、不登校になったことで、その悩みはさらに複雑となっていきました。そのころの自分...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 467号 2017/10/1

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.1  僕が背中を押されたのは、歌手・ナオト・インティライミさんの「Brave」です。この曲と出会ったのは、学校に行かず、ひきこも...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 466号 2017/9/15

絶望のどん底にいた私を支えた “どん底音楽”高橋優さん

画像:公式ホームページより  絶望でどん底のときに、ある映画や音楽に出会う。作品の主人公に自分を重ねあわせて不意に涙が出る。そんな経験ありませんか?どん底だからこそ出会えた...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 437号 2016/7/1

絶望のどん底にいた私を支えた “どん底映画” “『127時間』

画像:公式ホームページより  絶望でどん底のときに、ある映画や音楽に出会う。作品の主人公に自分を重ねあわせて不意に涙が出る。そんな経験ありませんか?どん底だからこそ出会えた...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 437号 2016/7/1

バックナンバー(もっと見る)

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...