不登校新聞

484号 2018/6/15

「ひきこもり」に関連する記事

ひきこもり実態調査 都内推計2万5000人?

東京都が「ひきこもり実態調査」を実施し、推計で都内には2万5000人のひきこもりがいると発表した。しかし、この推計は調査を実施した15歳から34歳までの男女1388人中10人...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 238号2008.3.15

Q&A「愛情不足を訴える娘」

Q.最近、わが家にひきこもっている娘から「私は愛されていない」「愛してほしい」と、急に訴えられました。もちろん、親として娘を愛していますし、娘がひきこもっている状態も認めてい...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 239号(2008.4.1)

人付き合いは下手ですか? ひきこもり経験者の答えは

連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.6  「ひきこもる人は、やっぱり人間関係が苦手ですか?」と聞かれたら「苦手じゃいけませんか(汗)」と答えます。 サラリーマンの...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 456号 2017/4/15

バイトを始めたら、ひきこもりは終わりですか?

写真撮影をしようとしたが強風にあおられる著者連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.5  「バイトしたいと子どもが言い始めたら、ひきこもりはもう終わるんですよね?」と...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 455号 2017/4/1

なぜひきこもりの解決は難しい?

連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.4  「ひきこもりの解決はなぜ難しいのでしょうか?」と聞かれることがありますが、私は「なにが問題かをまわりも本人も認識するのが...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 454号 2017/3/15

ひきこもりが長引いたのはなぜですか?

連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.3  「ひきこもりが長引いたのはなぜですか?」と聞かれれば、「人生の時間が止まってしまったから」と答えます。  私が最初にひき...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 453号 2017/3/1

ひきこもりから数年経っても、働けませんか?

連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.2  「ひきこもってから時間が経った今でも働けませんか?」と聞かれれば「オレは働ける。たぶん働けると思う。働けるんじゃないかな...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 452号 2017/2/15

結婚は“ひきこもりのゴール”じゃなかった【当事者手記】

今回執筆いただいたのは、PN猫田良子さん。自身の悩みを話したり、「アドバイスをもらえたら」との思いで、「ひきこもり女子会」に参加した。  私は17歳で不登校になって以来、2...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 452号 2017/2/15

内閣府調査では見えない「40代ひきこもり」 家族会が実態調査

2017年1月22日、「ひきこもりの高年齢化」に関する調査結果が報告された。実施したのは「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」(以下、「家族会」)。調査結果からは、ひきこもりの...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 451号 2017/2/1

なぜ、ひきこもってたんですか?【連載「あのとき、答えられなかった質問」】

今号より新連載『あのとき、答えられなかった質問』を開始します。執筆者はひきこもり経験者の稲垣篤哉さん。本連載では「なんで働けないの?」「なにがつらいの?」など当事者が答えづら...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 451号 2017/2/1

2016年の不登校、ひきこもり

2016年10月28日、「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結果が発表された。前年度に学校を30日以上欠席した不登校の小中学生は約12万6000人で3年連...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 449号 2017/1/1

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

連載「ひきこもり時給2000円」vol.42  ひきこもりの講演会に「答え」を求めて参加される方もいるかと思います。かく言う僕もその一人で、「ひきこもりの高年齢化」をテーマ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

連載「ひきこもり時給2000円」vol.41  ひきこもりの苦しい日々のあいだ、僕は毎日考えた。どうしてこんなことになってしまったのだろう。どうして自分はまともに就職して生...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

連載「ひきこもり時給2000円」vol.40  就活失敗を機に僕がひきこもっていたのは、今から20年前のことだ。あのとき、僕の親は何を考えていたのだろう。先日、母に直接聞い...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 446号 2016/11/15

ひきこもり女子会、回を重ねるごとに参加者増【公開】

ひきこもりの女性だけで集まる「ひきこもり女子会」が回を重ねるごとに参加者が増えている。「ひきこもり女子会」は、ひきこもりを経験した林恭子さん、恩田夏絵さんが呼びかけた当事者の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 446号 2016/11/15

ひきこもり当事者を支える極意とは?

連載「ひきこもり時給2000円」vol.39  さて、この連載も今回を含めてあと4回になりました。もう少しだけ、お付き合いください。  僕の友人に、「ひきこもっていたときも...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 445号 2016/11/1

2つの事例から考える居場所の大切さ ひきこもり時給2000円

連載「ひきこもり時給2000円」vol.38  「とても豊かな世界だな。うまく言えないけど、なんだかとっても、居場所だな」。  その番組を観て、僕は素直にそう感じた。「その...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 444号 2016/10/15

『ひきこもり新聞』を創刊します 当事者の声を届けたい

今回執筆するのは、ひきこもり当事者の木村直弘さん。木村さんは「当事者自身が情報発信をしたい」との思いから、2016年11月1日に『ひきこもり新聞』を発行する予定だという。どの...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 444号 2016/10/15

ひきこもりだった僕が人前でしゃべれるようになったワケ

連載「ひきこもり時給2000円」vol.37  前号まで、本連載の下に講演会の情報を載せてもらっていました。昨年は鳥取から、今年は香川、奈良、新潟と、遠方から講演のご依頼を...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 443号 2016/10/1

ひきこもり推計54万人 「実態反映してない」との声も

2016年9月7日、内閣府はひきこもりの人が全国で54万1000人(推計)にのぼるとの調査結果を公表した(調査名称「若者の生活に関する調査」)。前回調査では69万人(推計)だ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 443号 2016/10/1

バックナンバー(もっと見る)

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...