不登校新聞 読者コミュニティ

yanyachin
yanyachin

一般公開 朝の6時25分
NHK(2ch)で
テレビ体操という番組が放送されています。

10年ぐらい前から
平日はテレビをつけて
体操をするようにしていました。

息子が不登校になり
ずいぶん長い間、
自分を責めて苦しんでいました。

でも、そんな時でも
朝の体操の時間が来ると
テレビの前で体を動かしていました。

体を動かすと心も明るい方向に
動くような気がします。

ただ。
どうしても気持ちが乗らないときには
無理せず休む。
できるかなと思うときは、楽しく体操する。

それが長く続けられたコツかなと。

子供たちも同じですよね。

休んだり
立ち止まったり
進んでみたり。

全ては
自分のペースで。

それを見守るのが親の役目だなと。

無理して続けたり
脅されて続けたり。

そんな生き方では
人間の良い部分は育たないだろうなって思うのです。

進学校に行けなくても
学歴なんてなくても
生きていてくれてるだけで、自分の支え。

生きている我が子の存在に感謝しつつ
ご飯を作って
話を聞いて。

いまは、そういう時期なんだと。
いま、それが大事なんだと。

焦らずに、子どもの意思を尊重して。

ラジオ体操で心と体をほぐしつつ。

親も大変。
子供も大変。

でも、子どもの大変を助けてあげるのが
親の役目なんだなって。

親の大変は
ここで繋がって
みんなで助け合って行けたらいいなと思います。

毎日頑張っている、親御さんたちへ。
無理せず、明日も。
生きて行くだけで、十分頑張っているから
自分を責めないで、生きましょう。

返信コメント(0)