記事タイトル一覧

生涯ひきこもりのまま生涯設計を

記事テーマ:講演録

登校拒否を考える会が2月16日、学習会「ひきこもり等の世帯の生活設計」を開催した。ひきこもり世帯のまま、どう生涯設計を立て、どんな制度が活用できるのか。ファイナンシャルプランナーとして相談を受け...

kito-shin kito-shin

ひきこもり世帯に役立つ公的制度

記事テーマ:講演録

●まずは注意点 大前提として公的制度を活用する場合は、事前に「必要なもの」を窓口でお聞きください。必要書類がない場合は相談ができない場合が多いです。 ●自立支援医療(精神通院) 通院時の医療費が...

kito-shin kito-shin

新連載 渡辺位さんの言葉

記事テーマ:連載

児童精神科医として、いち早く「不登校は個人病理ではなく、子どもの防衛反応だ」と訴えたのは渡辺位さんでした。渡辺さんの考えに触れ、不登校に関わるようになった人は多数います。本紙代表理事・奥地圭子さ...

kito-shin kito-shin

名古屋市中2自殺 いじめが原因と指摘

記事テーマ:ニュース

2013年7月、名古屋市に住む中学2年の男子生徒(当時13歳)が自宅近くのマンションから飛び降り自殺した問題について、外部の第三者委員らでつくる検証委員会は3月27日、報告書をまとめた。自殺のお...

koguma koguma

記者コラム くり返されるいじめ自殺

記事テーマ:連載

連載「記者コラム」  記事を書くうえで、つねに意識していることがある。「道は一本ではない」というメッセージを発信し続けることだ。しかし残念ながら、八方ふさがりだと思い込んでしまう子どもの悲劇が...

koguma koguma

お父さんに読んでほしい「発達障害本」

記事テーマ:その他

高岡健さん  この本はずばり「お父さんに読んでもらいたい発達障害本」です。  高岡健さんの著作全般に言えることですが、高岡さんの著作は論理がしっかりしています。ゆえに発達障害をその歴史的経緯を...

shiko shiko

第33回 あきらめたくなりました

記事テーマ:連載

連載「孫の不登校」  わが家は、中2の孫、息子、私、私の夫と4人で暮らしています。長男夫婦が離婚し、長男が子どもを引き取ることになったからです。孫は離婚がショックだったのか、離婚後しばらくし...

kito-shin kito-shin

アルバイトを始めました

記事テーマ:当事者の声

バイトしたいけど勇気がない。人づき合いが苦手な私がバイトなどできるはずない。そう思っている同世代の人も多いと思います。けれど昔の人は言いました。「案ずるより産むが易し」。そこで私のバイト体験記を...

kito-shin kito-shin

子ども若者編集部とは

記事テーマ:イベント

「子ども若者編集部」とは、不登校やひきこもりの当事者・経験者でつくる編集部のこと。おもに本紙5面を担当しています。現在、13歳から35歳までの子ども若者が参加しています。  「子ども若者編集部」...

kito-shin kito-shin

第384回 映画「不登校なう」

記事テーマ:連載

東京シューレ25周年で子どもたちが取り組んだ映像作品は、全国各地で上映され、その回数は50~60回に及んだ。親の会、フリースクール、不登校に関する講演会やシンポジウム、NPOや市民活動団体、大学...

kito-shin kito-shin

ひといき 小熊広宣

記事テーマ:その他

3月初旬から荷造りを始め、先月末、引っ越しを済ませた。  夫婦二人だし、引っ越し先も隣の市。大したことないだろうとタカをくくっていたのだが、意外とたいへん。なぜって、ところかまわず始まってしまう...

koguma koguma

かがり火 奥地圭子

記事テーマ:その他

3月29日~30日に開催された「日本フリースクール大会(JDEC)」。なんでもそうだが、歴史的に見てわかることがある。日本のフリースクールも、不登校急増を背景に、約30年間の歴史を持つようになっ...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

383号 (2014.4.1)

記者歴30年、朝日新聞を代表する記者として、つねに現場から教育を取材してき...

382号 (2014.3.15)

2012年出版の『教室内カースト』は多くの反響を集めた。誰もが教室内で感じ...

381号 (2014.3.1)

昨年11月4日に開催された「朝日新聞&不登校新聞がつくる『不登校セミナー』...