記事タイトル一覧

大津中2いじめ自殺和解成立

記事テーマ:ニュース

2011年10月11日、大津市に住む中学2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺した(以下・大津中2いじめ自殺)。これについて、2015年3月17日、原告の遺族と大津市間での和解が成立した。和解条項に...

kito-shin kito-shin

【公開】大津中2いじめ自殺とは

記事テーマ:ニュース

2011年10月11日、大津市の中学2年生の男子生徒(当時14歳)が、いじめを苦に飛び降り自殺に至った事件。男子生徒は、複数人の生徒から、休み時間のたびに一方的に殴られる、馬乗りになられてペンで顔に落書きされる、毎日のようにズボンを膝まで下ろされるなどのいじめを受けていた。男子生徒が自殺する前から、他の生徒は担任や他の教員にいじめが起きていることを報告。自殺直後も、学校側に直訴していじめの実態を報告した。しかし学校側は消極的に対応。事件後、遺族の懇願によって実施した校内アンケートを破棄する...

kito-shin kito-shin

大津中2いじめ自殺 遺族・父親のコメント

記事テーマ:ニュース

大津いじめ自殺事件の民事裁判にて、被告大津市と被告少年の裁判が分離され、被告大津市との和解を受けいれました。訴訟を起こしてから3年余りに及ぶ裁判に、一つの区切りがつくこととなりました。  「言葉で人を死に追いやることができる」「暴力を伴わなくても無視することで人を死に追いやることができる」。いじめとはそういうものである。  「息子は教師と学校に見殺しにされた」「息子の命は助けることが出来た」今回の裁判が明らかにしたことです。  今回の司法判断がなされた経緯には、息子を初めとする、これまで教...

kito-shin kito-shin

最終回 渡辺位さんの言葉「深く見る」

記事テーマ:連載

連載「渡辺位さんの言葉」  幸せなことに、私はずいぶん長い間、渡辺位さんとお付き合いさせていただいた。出会いはよく話しているように、長男の登校拒否でほとほと困りはてていたのが1980年。35年...

kito-shin kito-shin

記者コラム 真夏の京都逆走事件

記事テーマ:その他

あれは20代半ば、まだ大阪を拠点に取材をしていたころの話。私は不登校経験者の10代3名を連れ立って取材先の京都に到着した。季節は真夏。地下鉄の駅を出ると猛烈な日差しが降り注いだ。気温が何度だった...

shiko shiko

第408回 ケンケンガクガクの理論

記事テーマ:その他

連載「不登校の歴史」  2010年(平成22年)、学校以外の学びのあり方を認める仕組みを求めて、1年間検討してきた内容を踏まえ、第2回JDEC(日本フリースクール大会)には、新法骨子案第1案が...

kito-shin kito-shin

かがり火 奥地圭子

記事テーマ:その他

その中学校は、入学の要件が不登校、という定員120名の私立中で、子どもの気持ちを大切に、子どもとともに創るフリースクールのような学校だ。旅立ち祭での卒業生の一人一言は、毎年大きな感動を呼ぶ。 ...

kito-shin kito-shin

ひといき 茂手木涼岳

記事テーマ:その他

私事ですが、埼玉県川越市から同県所沢市へ引っ越しました。新居は古い団地ですが、近くに大きな公園や文化センターもあります。そこで映画上映会やコンサートなどをやっているのです。「これからは文化的な生...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

407号 2015/4/1

不登校経験者に、当時の気持ちや現在についてうかがうインタビュー「私の不登校...

406号 2015/3/15

「不登校はいいけど、家に居たままだと…」という声をよくいただきます。今回は...

405号 2015/3/1

発達障害で不登校の子どもを持つ親が本音を語るロングインタビュー