不登校新聞

466号 2017/9/15

記者: koguma

koguma

(発行責任者)

小熊広宣(こぐま・ひろのぶ)
 不登校経験はないものの、現在の教育のあり方に疑問を持ち、一浪後、大学・大学院に進学。2006年から本紙の記者及び編集者を務める。取材のモットーは「自明を疑え」。いじめ、体罰、不登校など、さまざまな理由から「学校に行くか死ぬか」で悩む子どもと親に、「道は一本ではない」ことを伝えたいとの思いから、『Fonte』(不登校新聞)を発行しています。

記事一覧

バックナンバー(もっと見る)

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...