不登校新聞

460号 2017/6/15

記者: koguma

koguma

(発行責任者)

小熊広宣(こぐま・ひろのぶ)
 不登校経験はないものの、現在の教育のあり方に疑問を持ち、一浪後、大学・大学院に進学。2006年から本紙の記者及び編集者を務める。取材のモットーは「自明を疑え」。いじめ、体罰、不登校など、さまざまな理由から「学校に行くか死ぬか」で悩む子どもと親に、「道は一本ではない」ことを伝えたいとの思いから、『Fonte』(不登校新聞)を発行しています。

記事一覧

「ほめて自己肯定感を高める」というワナ (2017/05/29 17:28) from 459号 2017/6/1      Like
不登校の子どもが元気を取り戻す秘訣 (2017/05/12 15:28) from 458号 2017/5/15      Like
学校に行かずに子どもは育つ? 23家庭の体験記を一挙紹介 (2017/05/12 13:08) from 458号 2017/5/15      Like
子どもの“死にたい” 親はどうすれば?【不登校コラム】 (2017/04/28 12:54) from 457号 2017/5/1      Like
「あの花」脚本家が語る学校へ行けなかった気持ち (2017/04/28 12:20) from 457号 2017/5/1      Like
傍若無人な住人が私の元気の源 (2017/04/28 11:33) from 457号 2017/5/1      Like
全国子ども交流合宿2006 (2016/01/21 12:34) from 201号 2006/9/1      Like
ダーウィンの悪夢 映画評 (2016/01/21 12:53) from 201号 2006/9/1      Like
ひといき (2016/01/21 16:57) from 201号 2006/9/1      Like
同年代が就職、焦りも 不登校経験者に聞く (2015/11/10 12:39) from 210号 2007/1/15      Like
映画評 ‟史実から生まれた普遍的人間愛” (2015/10/23 16:01) from 212号 2007/2/15      Like
フリーターが自活できる社会を (2015/08/05 15:13) from 215号 2007/4/1      Like
「ニート」は増えていない 本田由紀 (2015/05/21 14:36) from 217号 2007/5/1      Like
ひといき 小熊広宣 (2015/05/21 14:45) from 217号 2007/5/1      Like
16歳に聞く不登校 「不登校の自分がダメだと思ったことがない」 (2015/03/26 14:36) from 219号 2007.6.1      Like
ひといき 小熊広宣 (2014/11/26 14:21) from 233号(2008.1.1)      Like
不登校 15歳にインタビュー (2017/04/20 12:45) from 243号(2008.6.1)      Like
うちの子、何考えているの? (2017/04/13 17:05) from 456号 2017/4/15      Like
不登校を認めて休みグセがついたらマズイ? (2017/03/31 15:46) from 455号 2017/4/1      Like
不登校した娘の高校3年間を漫画化 (2017/03/31 12:08) from 455号 2017/4/1      Like

バックナンバー(もっと見る)

459号 2017/6/1

私が昼夜逆転になったのは、朝学校へ向かう時間帯を避けるように、生活サイクル...

458号 2017/5/15

そもそも幼稚園から集団生活が苦手でした。学校へ行かなくなったのは高校2年生...

457号 2017/5/1

「3学期になったらちゃんと行く」「中学に入ったらちゃんと行くから」そう家族...