不登校新聞

619号 2024/2/1

「あえて言います。もう『子育て』をやめてください」親子が信頼し合うために、じつは無責任が大事な理由

2024年01月23日 15:01 by kito-shin
2024年01月23日 15:01 by kito-shin

 

 「子どもとの信頼関係を育むために、まずは子育てをやめてください」。そう言うのは栃木県で不登校支援に携わる土橋優平さん。子どもを「育てなければ」と思うのをやめ、子どもと友だちのように接することが、信頼関係をはぐくむ秘訣だと言います。(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第31回)※写真は土橋優平さん。

* * *

 「子どもが困っていることがあっても話してくれないんです」、「子どもが先生の理不尽な関わりから『大人が嫌い』と言うようになってしまいました」。そんなご相談を受けることがよくあります。学校へ行かなくなる子どもたちのなかには、大人との信頼関係を築くのが困難になっている子が一定数います。私は常々、学校へ行くかどうかよりも、子どもの身近に信頼できる大人がいるかどうかが大切だと伝えています。どうしてそれが大切なのか、またその関係を築くためにどんな行動をとればよいのか、今回は書かせていただきます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「楽しくてやってるわけじゃない」子どもがゲーム・ユーチューブに熱中する本当の理由

621号 2024/3/1

「アドバイス通りにできない」と悩む不登校の親に試してほしい2つのこと

620号 2024/2/15

「うるせー、くそばばあ」不登校のわが子の暴言に悩む親に試してほしいこと

618号 2024/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

618号 2024/1/15

不登校の子どもを持つ親との面接を長年続けてきた、臨床心理士の田中茂樹さん。たく…