「Fonte」300号、おめでとうございます。300号では3人の不登校当事者・経験者のインタビューがたいへんよかったです。

 浪波碧さんが、まったくひどい「ところ」から逃げたこと、奈良、京都、佐賀、アラスカへの旅行へ行かれたこと、そういったお話が心に残りました。

 鬼頭信さんの「殺伐としたものが潜んでいると感じた」、「子どもから大人になれなかった……、自分はダメだなあ」は、私の好きな言葉でした。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。