いまは私がクッションになる


我が家からわずか6軒先が祖父母の家。誰もがうらやましいと思う"スープの冷めない距離”。

 息子たちが小さかった頃は、少しの時間の子守りを頼んだり一緒に食事をしたり、ほぼ毎日行き来して、どちらが自分の家だかわからないような時もあった。

 しかし、息子が学校に行けなくなった時期から祖父母との関係も少しずつ変わってきた。
祖父母宅の隣に息子と同年代のいとこも住んでおり、毎日学校に行っている孫と学校に行かずに家で過ごしている孫がすぐそばにいて、祖父母は複雑な思いでいたと思う。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。