不登校新聞

373号 (2013.11.1)

声「北海道で合同説明会」

2013年10月25日 17:06 by kito-shin

筆者:相馬契太 さん

北海道で合同説明会


 7月から9月にかけ、札幌市およびその近郊の親の会とフリースクールが集まって、不登校相談会を開いた。合同での相談会開催は初めてになる。
 
 「北海道フリースクール等ネットワーク」ではここ数年、相談会を行なわなかった。1日中開催しているならまだしも、2~3時間ではどれほどの人数もさばけない。中途半端に話を聞き後日、あらためてとなるくらいなら、ふだんの相談を充実させたほうがいい。
 
 それが諸事情あって開催する運びとなった。それでまず回数を増やした。7月から9月まで月1回開催で計3回。1回きりでは都合が合わなくても、2回3回とあればどこかには来られる。また、相談を受ける側の人数も増やした。フリースクールだけでは足りない。親の会にも助力をあおぎ、フリースクール8団体、親の会6団体が集まった。

夏の全国大会が

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...