不登校新聞

373号 (2013.11.1)

かがり火

2013年10月25日 16:19 by kito-shin


 10月19日、名古屋支局のある多田法律事務所1階で読者オフ会が開かれた。30人近くが部屋いっぱいに参加してムンムンの満員状態でも和やかな雰囲気でおたがいの体験や悩みを語る言葉に耳を傾けた。

 なかでも印象的だったのは、ひとりの父親が、わが子が家庭にこもりがちで、夜中までパソコンのネットなどに熱中し、昼夜逆転の生活になって健康を害するなどの心配があるが、どこまで生活の規律を決めて守ることを子どもに求めてよいのだろうかという問題を提起したときのことである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...