不登校新聞

373号 (2013.11.1)

第20回「つらくならないためには」

2014年02月13日 15:55 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 今回が支援者編の最後になる。脱ひきこもりから1年後に通った、国の職業訓練である。 
 
 『基金訓練』(現・求職者支援訓練)という制度は、かんたんに言えば無料で(場合によってはお金をもらいながら)職業訓練をさせてもらえる塾のような学校を指す。

 最初に応募したところが不合格になり、リクルートスーツを引っ張りだして別の夜間学校に受かった。職業訓練学校の世界も競争が激しい。そこはホームページ作成を教える学校で、アドビのフォトショップやイラストレーターなどのソフトや、かんたんなウェブプログラムを学ぶことになった。

 その学校に通うことが数年ぶりの実社会との接点になった。当然、まわりの人は精神を病んでいない。まわりも自分のことを精神を病んでいる人として配慮はない。僕はたんなる無職の27歳としてそこにいた。そのことは障害者として萎縮しないで済む自由もあったが、変わった行動をとれば奇異の目で見られる痛みもあった。最初の自己紹介時に想像以上の緊張に襲われてガタガタ震えた。アドレナリンが出すぎていたのだ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...