不登校新聞

616号 2023/12/15

「学校でのいじめ認知件数が過去最多」いじめが進行する3つのプロセスを精神科医がわかりやすく解説

2023年12月06日 10:30 by kito-shin
2023年12月06日 10:30 by kito-shin

 2022年度、全国の学校で認知されたいじめ件数は68万1948件と過去最多を更新しました。精神科医がいじめのプロセスをわかりやすく論じており、学校の先生も必読の1冊を紹介します(※画像は『いじめのある世界に生きる君たちへ』中井久夫 著)。

* * *

 文部科学省の調査によれば、2022年度に認知されたいじめの件数は68万1948件と、過去最多となりました。いじめ防止対策推進法で重大事態と規定される件数も923件と、こちらも過去最多です。同法の施行から10年が経つなか、学校現場におけるいじめは依然として大きな問題です。そこで今回は、精神科医の中井久夫さんがいじめについて、子どもに向けて書いた1冊を紹介します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「薬の使い方は?」発達障害について教師・医師・学者が解説

621号 2024/3/1

「不登校からの大学進学」4000人の卒業生を輩出した個別指導塾代表が語る不登校からの学び直しのコツ

620号 2024/2/15

「ひきこもりから最初の一歩を踏み出す」ひきこもり経験者が語る大事なこと

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…