不登校新聞

617号 2024/1/1

「人生は楽しいと意地でも子どもに伝えたい」児童文学作家・はやみねかおるが語る楽しく生きるためのコツ

2024年01月09日 12:47 by kito-shin
2024年01月09日 12:47 by kito-shin

 「子どもたちには『今が一番楽しい』と意地でも言い続けたいんだ」と語るのは、児童文学作家・はやみねかおるさん。はやみねさんは、2人の中学生が推理と冒険をくりひろげる『都会のトム&ソーヤ』シリーズなど多数の作品で人気を集めています。はやみねさんに自身の子ども時代のことや、子どもたちへの思いについてうかがいました(※写真ははやみねかおるさん)。

* * *

――はやみねさんは、どのような子どもでしたか?

 本やマンガを読むことが好きな子どもでしたね。手塚治虫が『ブラック・ジャック』の連載を始めたのが、僕が小学生のころです。『週刊少年ジャンプ』や『週刊少年マガジン』、『週刊少年チャンピオン』などのマンガ雑誌を友だちと夢中で読んでいました。当時読んでいた本は今も自宅の屋根裏部屋に並んでいます。高校を卒業するまでは、毎日の風呂焚きが僕の仕事だったんです。五右衛門風呂って知っていますか? 湯おけの下にかまどがあって、薪をくべて火を起こすんです。

 火を焚きながらも本はずっと読んでいました。シャーロック・ホームズのシリーズや、年の離れた兄の本棚にあったヴァン・ダインやクロフツ、アガサ・クリスティなど、全盛期と言われている時代のミステリー小説も読み漁りました。勉強もせずに1日1冊くらいのペースで本を読んでいましたね。

 大学1、2年生のころも、授業へ行かずに四畳半の部屋にこもってずっと本を読んでいました。毎月アルバイトをして稼いだお金がほとんど本に消えて、家賃も払えなくなるくらいでした。今ふり返るとよく卒業できたなと思います。

――卒業後、学校の先生になられたのですよね。なぜ先生になろうと思ったのでしょうか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「他人を気にする時間はもったいない」SNS総フォロワー数160万人超えのひかりんちょさんが今つらい若者に伝えたいこと

624号 2024/4/15

「保健室は子どもに休み方を教える場所」元養護教諭が語る学校の保健室の使い方

624号 2024/4/15

「私も不登校経験者でした」作家・森絵都がいま不登校をしている子どもに伝えたいこと

622号 2024/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…