不登校新聞

617号 2024/1/1

「もうムリだ」自分を殺そうとした少年が自分の「好き」を見つけるまで

2023年12月20日 16:58 by kito-shin
2023年12月20日 16:58 by kito-shin

 「小学校からガマンし続けきたけど、本当はずっと苦しかった――」。高校1年生のときに約半年間の不登校を経験し、現在は通信制高校に通う新舘徹大(しんたち・てった)さん(17歳)。一時は死を考えたという当時の心境と、そこから約1年経った現在の思いを聞きました(聞き手・編集/茂手木りょうが、藤森優香)※写真は新舘徹大さん

* * *

 高校1年の秋、僕は自殺を試みました。「もうムリだ」。それが素直な感情でした。 思えばこれまでずっと、ガマンを続けてきた人生でした。小学生のころから親や先生の言うことを素直に聞くいわゆる「優等生タイプ」。問題を起こすような行動はしたことがありませんでした。

 小学5年生のときにクラスが荒れ、同級生を誰も止めることができず、学級崩壊寸前の状態になったことがありました。そのときも、できるだけ先生の言うことを聞こうと努力していました。

 中学では、近所に住んでいた仲のいい友だちと写真部に入部。はじめは楽しくすごしていたのですが、ちょっとしたことで仲が悪くなってしまいました。それ以来、その友人が中心となって集団でからかわれたり、無視をされたりするようになりました。

 その友人と距離を置こうとしたのですが、部活もいっしょだし家も近所だということで、どうしても顔を合わせる機会が多いんです。逃げられないんですね。「明日学校へ行きたくないな」と思うこともありましたが、とてもじゃないけれど「休みたい」と親に言えるような雰囲気ではありませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「40代で人生2度目のひきこもり」ひきこもり経験者が語るふたたび動き出すまでの出来事と気持ち

624号 2024/4/15

「30歳を目前に焦っていた」就活失敗を機に大学生でひきこもった私が再び動き出すまでに取り組んだこと

623号 2024/4/1

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…