不登校新聞

621号 2024/3/1

「楽しくてやってるわけじゃない」子どもがゲーム・ユーチューブに熱中する本当の理由

2024年02月21日 16:56 by kito-shin
2024年02月21日 16:56 by kito-shin

 「勉強したらどう?」、「せめて規則正しい生活を」。スマホやゲームに熱中する不登校の子どもを前に、叱りたくなる親はすくなくありません。そもそも、子どもはなぜスマホやゲームに熱中するのか。フリースクールでそうした子どもたちと日々接している土橋優平さんが理由を解説します。

* * *

 「子どもが1日ずっとゲーム、ユーチューブばかりで困っています」という相談を受けることが多くあります。

 親御さんとしては「学校は無理して行かなくていい」と思う一方で、「せめて勉強をしてほしい」、「生活リズムだけは崩さないでほしい」という思いもあるなかでの悩みでしょう。私はフリースクールを運営しており、同じような状態にある子どもも大勢います。そんな子どもたちに私がどのような考えのもと、関わっているかについてお話しいたします。

  不登校経験者のAさんは当時、学校へ行くことができず、毎日のようにスマホをいじっていたといいます。それを見た母親から言われたのはこの一言。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「フリースクール選びのコツは?」フリースクール代表者が語るフリースクール選びでもっとも大切にすべきこと

624号 2024/4/15

「家が楽だから学校へ行かなくなる」はまちがい フリースクール代表が解説する「休憩」の大切さとは

623号 2024/4/1

「不登校の子の保護者、5人に1人が離職」子どものために離職をするまえに考えてほしいこと

622号 2024/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…