不登校新聞

621号 2024/3/1

長崎県にて「不登校親の会たんぽぽ35周年記念講演会『学校って?』」開催へ

2024年02月27日 15:51 by kito-shin
2024年02月27日 15:51 by kito-shin

 3月9日、長崎県にて、35周年記念講演会「『学校』って?」が開催される。主催は「親の会たんぽぽ」。「親の会たんぽぽ」の前代表である井形和子さん、神戸大学名誉教授の広木克行さんの講演が予定されている。

 「親の会たんぽぽ」の前身である「登校拒否を考える親の会」が発足したのは1989年11月。井形和子さんは同会の代表を25年間務め、広木克行さんは臨床教育学の専門家として関わってきた。(現在、広木克行さんの参加は不定期)

 当日、井形和子さんは親の会に35年間関わった立場から、広木克行さんは教育学の見地から学校や子どもの育つ環境について講演し、参加者どうしで考えあうという。

 「親の会たんぽぽ」現代表の古豊史子さんは「親の会を長年続けてきましたが、『わが子に問題があるのでは』、『自分の子育てに悩んでいる』と話す親は今でもすくなくありません。しかし、不登校は学校や社会の問題です。学校へ行けない子どもが悪いわけではありません。それを感じてほしい」と話す。詳細は下記を参照のうえ、お問い合わせを。

日 時 3月9日(土)、13時半~16時
会 場 長崎県庁3階308会議室
講 師 井形和子さん(「親の会たんぽぽ」前代表)、広木克行さん(神戸大学名誉教授)
参加費 1000円(事前申し込み不要)
主 催 親の会たんぽぽ
連絡先 090-9723-2651
詳 細 https://bit.ly/49xfzGz

関連記事

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

624号 2024/4/15

4月5日開催オンラインイベント「思春期の子の親が知っておきたいこと」

623号 2024/4/1

東京都渋谷区にて「ひきこもりUX女子会in表参道」開催へ

623号 2024/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…