不登校新聞

622号 2024/3/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

2024年03月12日 14:37 by kito-shin
2024年03月12日 14:37 by kito-shin

 いま、フリースクールを利用する家庭に補助金を出すという動きが全国の自治体で拡がっているのをご存じでしょうか。月1万円から2万円を上限とし、なかには世帯収入による制限を設けない自治体もあります。最新の動きを追いました。

* * *

 フリースクールに子どもを通わせている家庭に対し、利用料の一部を補助する動きが全国の自治体で拡がっている。

 東京都は1月、フリースクールに通う小中学生に対し、月2万円を支給する事業を来年度より実施すると発表した。東京都における22年度の不登校児童生徒数は2万9246人と過去最多。東京都は22年度、23年度において、フリースクールの実態調査に協力した保護者に対して1万円~2万円を協力金として支給していた。支給における要件などについては、6月上旬に公表するとしている。 申請開始は7月を予定しており、申請開始以前の利用料も補助の対象となる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

物議を醸した東近江市長の発言 不登校の歴史から考える差別や偏見に立ち向かうために必要なこと

614号 2023/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…