不登校新聞

465号 2017/9/1

その他

「9月1日の子どもの自殺」とは

2015年、内閣府が「18歳までの日別自殺者数」を発表した。過去42年間で自殺した子どもは1万8048人。日別に見ると、もっとも多かったのは「9月1日」(131人)。以下、4...

  いいね!   kito-shin kito-shin

今年も広がる「9月1日」の取り組み

9月1日号となると、やはり長期休み明けの自殺が気になる。一昨年、「18歳までの日別自殺者数」の内閣府統計を本紙がいち早く取り上げ、次に朝日新聞が取り上げ、そしてさまざまなマス...

  いいね!   kito-shin kito-shin

「学び方、生き方はさまざま」総理の一言に 不登校の歴史vol.465

総理に「フリースクールを巣立ってからの夢はありますか」と聞かれて、M君が「アフリカに行きたい」と答えたのに続き、Eさんは「私は小さいころから音楽が好きなので歌手になれたらいい...

  いいね!   kito-shin kito-shin

娘の生命力には敵わない

8月上旬、家族3人で旅行に行ってきました。船旅です。「世界一周の船旅」でおなじみのピースボートが主催するクルーズで、12日間をかけて、神戸から出発し、韓国の釜山、ロシアのウラ...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga

他の号の記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

著者の夏苅郁子さんは児童精神科医ですが、その半生は順風満帆なものではありませんでした。家庭をかえりみない父、統合失調症の母。夏苅さん自身も学生時代にも壮絶ないじめを経験し、心...

  いいね!   koguma koguma from 466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

2017年9月1日も学校の新学期を迎えた子どもが死を選んでしまうことを心配して、学校に行くことがつらいなら休もうというメッセージがメディアを通じて発信された。  本紙もチャ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

2014年9月、安倍総理の訪問を東京シューレが受けいれたことは、私からすれば、やっと国がフリースクールに目を向け、支援の必要性を感じ始め、総理まで現場をたしかめに来た、という...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 466号 2017/9/15

団地の異国情緒、新たな魅力

先日、知人家族が暮らす団地に行ってきました。約3600戸の3分の1が外国籍の方で、知人の娘さんが通う保育園では子どもの8割が外国籍だそうです。団地内にはアジア雑貨店や中華、ベ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 466号 2017/9/15

矯正施設に閉じ込められて亡くなった子どもたち

7月の下旬に広島で医師会関連の会合があり、ひさびさに広島平和記念資料館へ立ち寄ってきた。8月6日は、広島の「原爆の日」にあたり、8月9日は長崎の「原爆の日」を迎える。広島では...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 464号 2017/8/15

ひといき

私は滑舌がよくない。そのせいで、小さなトラブルに見舞われることが多い。先日、外まわりで疲れた私はコンビニに立ち寄った。「巨峰ソフト」という看板の文字に心を奪われたからだ。とこ...

  いいね!   koguma koguma from 464号 2017/8/15

総理、子どもと話す 不登校の歴史vol.464

2014年9月10日、総理の東京シューレ視察のようすを前回にひき続き、ありのままに紹介する。 ちょうど5Fでは、子どもたちが10人くらいで打楽器講座をやっているところだった。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 464号 2017/8/15

ひきこもりのヒントは当事者の語りのなかに【書籍紹介】

長年、ひきこもり当事者への取材を重ねてきた杉山春さんらしく、多くの事例が載っている一冊です。その一例を紹介します。  Aさんは中学1年生のとき、いじめがきっかけで不登校になり...

  いいね!   koguma koguma from 463号 2017/8/1

書籍紹介『日本のシュタイナー学校が始まった日』

「私はなぜ不登校児になったのか」と小学生のころから考えてきました。みなさんも一度は自問したことがあるのではないでしょうか。  一般的には、学校という場所に通えなくなることを...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 463号 2017/8/1

いじめ対策法が施行3年も、自殺は減らず

学校でのいじめ問題対策として「いじめ防止対策推進法」が施行後3年余経過したが、この間いじめもいじめを原因とした自殺も減らず一向に効果がみられない。なぜだろう。  同法に基づ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 463号 2017/8/1

不登校、夏の鬼門は「里帰り」です

夏休みは不登校にとって「平穏」が帰ってくることを意味する。  もちろん、新学期に向けて塾通いや生活習慣の乱れを正そうとされて苦しむ人も多いが、やはり「みんなが学校へ行ってない...

  いいね!   shiko shiko from 463号 2017/8/1

総理のフリースクール視察 不登校の歴史vol.463

2014年は、国の不登校政策の変わり目を感じた年、と述べてきたが、東京シューレ開設からいうと30年目にあたる。  30年間で驚くことがいろいろあったが、9月10日、もっともび...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 463号 2017/8/1

ひきこもり当事者の気持ちの決定版

ひきこもり時給2000円――。「働いていないのに時給って、なんだそれは?」と思われるかもしれませんが、提唱しているのが本書の著者である岡本圭太さんです。「かりに給料を苦痛の対...

  いいね!   koguma koguma from 462号 2017/7/15

私立学校でも年間10万円の補助金が

これまで私立学校に在籍する個人に、公費の補助金は出なかった。しかし、昨今の状況の変化や私学関係者の努力から、東京都では、年収約400万円未満の家庭に対し年間10万円の補助金が...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 462号 2017/7/15

親の言葉の影響力

夏です。熱中症です。熱中症とくればスポーツドリンク。ところで「ポカリスエット」が新発売された当時のことはよく憶えている。小学校1年生のときだった。テレビのコマーシャルで見て「...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 462号 2017/7/15

「就学義務のあり方」検討へ 不登校の歴史vol.462

いま、2014年夏の不登校関係のできごとについて述べている。「超党派フリースクール等議員連盟」の誕生、「教育再生実行会議」の第五次提言、20歳になった不登校生徒の追跡調査、な...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 462号 2017/7/15

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...