不登校新聞

465号 2017/9/1

今年も広がる「9月1日」の取り組み

2017年08月30日 16:15 by kito-shin



 9月1日号となると、やはり長期休み明けの自殺が気になる。一昨年、「18歳までの日別自殺者数」の内閣府統計を本紙がいち早く取り上げ、次に朝日新聞が取り上げ、そしてさまざまなマスコミが報道してくれるようになった。

 去年はフリースクールの子どもたちが動画を配信し、いろいろな団体が「居場所、ここにあるよ」と発信した。鎌倉図書館のツイートは多くの人の印象に残っている。

 今年はもっと広がっている。フリースクール全国ネットワークは、厚労省の応援で全国10カ所でのキャラバンを実施。子どもと子どもの周りにいる保護者に直接、劇やワークショップで伝えたい企画だ。マスコミも市民団体も動いている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの長期休み明け自殺 不登校の歴史vol.470

470号 2017/11/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

470号 2017/11/15

見守られているというのは大きな原動力

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...