不登校新聞

465号 2017/9/1

「9月1日の子どもの自殺」とは

2017年08月30日 15:32 by kito-shin



 2015年、内閣府が「18歳までの日別自殺者数」を発表した。過去42年間で自殺した子どもは1万8048人。日別に見ると、もっとも多かったのは「9月1日」(131人)。以下、4月11日(99人)、4月8日(95人)、9月2日(94人)、8月31日(92人)と続く。夏休みや春休みなどの長期休み明けに多いことから、文科省では今夏、「夏休み明けに向けた官民連携によるいじめ防止強化キャンペーン」を実施している。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...