不登校新聞

465号 2017/9/1

「9月1日の子どもの自殺」とは

2017年08月30日 15:32 by kito-shin



 2015年、内閣府が「18歳までの日別自殺者数」を発表した。過去42年間で自殺した子どもは1万8048人。日別に見ると、もっとも多かったのは「9月1日」(131人)。以下、4月11日(99人)、4月8日(95人)、9月2日(94人)、8月31日(92人)と続く。夏休みや春休みなどの長期休み明けに多いことから、文科省では今夏、「夏休み明けに向けた官民連携によるいじめ防止強化キャンペーン」を実施している。

関連記事

ひといき

551号 2021/4/1

森の喫茶店 第551号

551号 2021/4/1

ひといき

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...