不登校新聞

465号 2017/9/1

「9月1日の子どもの自殺」とは

2017年08月30日 15:32 by kito-shin
2017年08月30日 15:32 by kito-shin



 2015年、内閣府が「18歳までの日別自殺者数」を発表した。過去42年間で自殺した子どもは1万8048人。日別に見ると、もっとも多かったのは「9月1日」(131人)。以下、4月11日(99人)、4月8日(95人)、9月2日(94人)、8月31日(92人)と続く。夏休みや春休みなどの長期休み明けに多いことから、文科省では今夏、「夏休み明けに向けた官民連携によるいじめ防止強化キャンペーン」を実施している。

関連記事

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

591号 2022/12/1

『不登校新聞』のおすすめ

591号 2022/12/1

編集後記

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…