不登校新聞

553号 2021/5/1

ひといき

2021年04月27日 08:06 by kito-shin

 ここ最近、番組の収録が2つありました。どちらも不登校がテーマです。緊張の日々でしたが、終わって感じたのは、不登校に対する理解が広まってきたことです。私が10代のころ、経験談を話そうと壇上に登った際にヤジられたり、頭ごなしに否定されることがありました。

 ところが、今回、かかわった番組制作のスタッフは、みなさん不登校を理解しようと必死でした。それだけでも時代の変化を強く感じました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

567号 2021/12/1

森の喫茶店 第567号

567号 2021/12/1

編集後記

566号 2021/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

567号 2021/12/1

いじめを受けて中学2年生で不登校。傷つけられた一言と、支えられた一言は、と...

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...