不登校新聞

573号 2022/3/1

「死ねなくてごめん」不登校の息子から言われた衝撃的すぎる一言

2022年02月28日 17:40 by kito-shin
2022年02月28日 17:40 by kito-shin

 高校に続き、東京の専門学校でも不登校になってしまった息子。岩手で暮らす母親の後藤誠子さんは、心配で息子さんに会いに来ました。親子2人、穏やかな時間が流れます。しかし帰りぎわ、息子さんから出てきた言葉は衝撃的なものでした(連載「不登校は幸せへの道」第12回)※写真は後藤誠子さん。

* * *

 次男が専門学校に入学して2年目の5月、やっとまとまった休みが取れた私は次男に会うために東京に向かった。2人で休日をゆっくりすごそう、それできっと次男は元気になる。あれほど次男のことを心配したというのに、もうそんなふうに軽く考えていた。

 待ち合わせの原宿駅はきらきらした若者たちでいっぱい。その向こうに静かにたたずむ次男の姿があった。だらしなく伸びた髪に無精ひげ、しわの寄ったトレーナー、スニーカーには穴が空いていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりを経て28歳になった息子 母を驚かせたある行動

591号 2022/12/1

「身内だからこそ許せない」 最悪の兄弟関係に終止符を打った兄の一言

590号 2022/11/15

やっと見つけた、ひきこもりの息子にしかできないこと

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…