不登校新聞

573号 2022/3/1

「死ねなくてごめん」不登校の息子から言われた衝撃的すぎる一言

2022年02月28日 17:40 by kito-shin

 高校に続き、東京の専門学校でも不登校になってしまった息子。岩手で暮らす母親の後藤誠子さんは、心配で息子さんに会いに来ました。親子2人、穏やかな時間が流れます。しかし帰りぎわ、息子さんから出てきた言葉は衝撃的なものでした(連載「不登校は幸せへの道」第12回)※写真は後藤誠子さん。

* * *

 次男が専門学校に入学して2年目の5月、やっとまとまった休みが取れた私は次男に会うために東京に向かった。2人で休日をゆっくりすごそう、それできっと次男は元気になる。あれほど次男のことを心配したというのに、もうそんなふうに軽く考えていた。

 待ち合わせの原宿駅はきらきらした若者たちでいっぱい。その向こうに静かにたたずむ次男の姿があった。だらしなく伸びた髪に無精ひげ、しわの寄ったトレーナー、スニーカーには穴が空いていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「今頃わかったの?」息子の信頼を再び失ってしまった私の失敗

580号 2022/6/15

ボランティアを半年続けられた息子に起きたまさかの出来事

579号 2022/6/1

自動車免許を取ると言いながら動かない息子を追い詰めてしまった私の一言

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...