不登校新聞

267号(2009.6.1)

第9回 絶対依存から始まる親子

2014年03月06日 16:04 by nakajima_

連載「親子ってなんだろ?」

今回からは家庭養護促進協会の岩崎美枝子さんにお話をうかがった。岩崎さんは、30年以上にも渡って里親希望の方々に講座を開いてきた。

――「親子になる」とはどんなことでしょうか?
 そもそも夫婦になるというのは、異文化を持っている二人が生活をともにし、新しい文化をつくるということです。どんな夫婦関係がいいかと言えば、それぞれの文化のちがいを認め合い、対等で、ぶつかりあいながら、そのときどきにどちらかの文化に基づいてことを決断したらいいのかを話し合える夫婦です。しかし、それはとても難しいことです。まして養子を育てるというのは、3つの文化がぶつかり合うということです。私は、里親に「子どもは天使のように可愛くて、みずからあなた方のところに馴染んできてくれるわけではない」と常々言っています。大人から子どもに近づき、まず子どもの文化を受け入れてやらねばなりません。そして今まで築いてきた夫婦だけの生活をたたき壊し、あらためて3本の柱を建てて、新しい家(文化)を造ってほしいわけです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「スクールロイヤー」とは何か 弁護士に聞く制度の課題と展望

522号 2020/1/15

「素の自分を愛してあげてください」りゅうちぇるさんに聞く

521号 2020/1/1

お金を儲けず、子どもを管理せず、その子の感性に寄り添える場を

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...