不登校新聞

267号(2009.6.1)

第3回 自立すべきは息子よりPC

2014年03月06日 15:26 by nakajima_

連載「安心ひきこもりLIFE」

 ひきこもりは病気ではないという考えが一般的だと思います。たしかにひきこもりが統合失調症だとかノイローゼ、うつ病だとはかぎりませんが、「働きたくない病」であることはまちがいありません。現代社会、とくにお金がなければ一日とて生きていけない都会生活において、これは死に至る病として、あってはならないものとして忌み嫌われています。

 働きたくない病を、重度の精神障害者と認定し、障害者年金を受け取れるようにするべきだと主張しているグループもあるようですが、いかがなものでしょうか。世間がこんなぬるい主張を受けいれてくれるでしょうか。血のつながった家族すら「怠け者」「この出来損ない」「墓に入れない」「誰のおかげで飯が食えるんだ」と、理解のかけらもない雑言を浴びせ、家庭内ベーシック・インカムを拒否しているような状態なのですよ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...