不登校新聞

267号(2009.6.1)

映画評 扉をたたく人

2014年03月06日 16:02 by nakajima_


 2008年のアメリカ映画界に旋風を巻き起こした映画「扉をたたく人」。はじめは4館だけの上映だったが、しだいに評判が高まり、ついには280館で上映されるに至ったという。

 2008年は、バラク・オバマが大統領選挙に勝利した年で、この映画には、大統領選当時の「草の根」の息吹が感じられる(という気がする)。その意味で、歴史的な作品といえるかもしれない。

 主人公は経済学の教授だが、最新の金融工学から置き去りにされ、20年間同じ講義をくり返している、孤独な初老の男。無能な研究者なのに「いい暮らし」をしている彼は「既得権」に安住する者として、バッシングの対象になりかねない。けれど、スクリーン上で、徹底的に滑稽な存在として、ユーモラスに描かれているため、しだいに観客の共感を集めてゆく。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...