3月も半ばになると、卒業や進級をめぐって学校と話し合う機会が増える。卒業や進級は最終的には校長の裁量だが、親も子どもの最善の利益を考えて、卒業や進級を申し出たらいい。

 アルバム写真や卒業文集などについては、当事者である子どもの意見を尊重して決めたらいい。学校の教員も子どものためにと思い込んでいるが、かえって子どもを追い込む結果となってしまうこともある。悩んだり迷ったりしたときには、子どもの声をていねいに聞くということが必要だ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。