不登校新聞

262号(2009.3.15)

映画『犬と猫と人間と』

2014年04月10日 15:39 by nakajima_


 「犬と猫と人間と」の完成披露上映会にいってきた。この映画は一人のおばあさんの「不幸な犬猫を少しでも減らしたい」という思いに突き動かされた、犬猫にはまったく無知だった監督が一から紡ぎ上げたドキュメントだ。

 年間35万匹もの犬猫が殺処分されており、その数は1日におよそ1000匹にもなるという。その現実がどういうことなのか、映像を通して垣間見ることができた。

 動物愛護センターでの殺処分は安楽死と言われているが、実際は二酸化炭素によるものでけして安楽なものではない。なにより愛する飼い主に見放され最後を向かえることが最大の苦痛ではないだろうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...