不登校新聞

262号(2009.3.15)

映画『犬と猫と人間と』

2014年04月10日 15:39 by nakajima_


 「犬と猫と人間と」の完成披露上映会にいってきた。この映画は一人のおばあさんの「不幸な犬猫を少しでも減らしたい」という思いに突き動かされた、犬猫にはまったく無知だった監督が一から紡ぎ上げたドキュメントだ。

 年間35万匹もの犬猫が殺処分されており、その数は1日におよそ1000匹にもなるという。その現実がどういうことなのか、映像を通して垣間見ることができた。

 動物愛護センターでの殺処分は安楽死と言われているが、実際は二酸化炭素によるものでけして安楽なものではない。なにより愛する飼い主に見放され最後を向かえることが最大の苦痛ではないだろうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「生きていていいのかな」経験者が語るひきこもりの本音【書籍紹介】

530号 2020/5/15

なかなかあらたまらない旧通知 不登校の歴史vol.530

530号 2020/5/15

かがり火

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...