不登校新聞

392号 (2014.8.15)

かがり火 森英俊

2014年08月08日 16:27 by nakajima_

 金沢は加賀百万石の城下町である。古くから多くの芸能や文化を受けいれ、独自の文化に発展させてきた。また多くの文化人を輩出してきたことでも有名だ。

 禅の思想を欧米に広めた鈴木大拙が金沢出身であることは、渡辺位さんの講演会で知った。鈴木大拙は「機心」を「はからいの心が純白でない」として嫌った。不登校の子どもに接する時もはからいの心があってはならない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの長期休み明け自殺 不登校の歴史vol.470

470号 2017/11/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

470号 2017/11/15

見守られているというのは大きな原動力

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...