不登校新聞

392号 (2014.8.15)

【当事者手記】「死にたい」の言葉の裏側に

2014年08月08日 17:08 by nakajima_


 親に「死にたい」とくり返し言っていた時期がある。そのころは自分の置かれた状況にどうにもガマンならなくて、とにかく何かを憎みたかった。友だちは1人もいなかったし、私の家族は軒並み、私の言動に愛想を尽かして距離を置いていた。

 それでも私を唯一かばってくれたのが母親だった。母親は私にとって世界で一番近しい存在だった。だからこそ、憎しみの矛先が母親に向かった。

 「どうしてこんな私にしたんだ」と言いたくて、いろいろと趣向を凝らして母親のことを苦しめていた。そのうちの一つが、「死にたい」と泣きつくことだった。母親を傷つけることで、私をこんなふうにした「みんな」に復讐したかった。

 落ち込みは夜中になるとやってくる。母親が寝る部屋に押しかけて「死にたい、もう楽になりたい」と何時間も泣きわめいた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

姉として何ができる? きょうだいが不登校になったとき【不登校当事者手記】

484号 2018/6/15

学校に行かないってどんなこと?【不登校経験者・親の講演抄録】

484号 2018/6/15

私の生きづらさと孤立感【子ども若者編集部コラム】

484号 2018/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...