不登校新聞

324号(2011.10.15)

登校拒否から学んだこと

2013年08月01日 15:49 by kito-shin

わが家の場合「登校拒否から学んだこと」




 現在小学3年の息子。小学1年の11月くらいから登校拒否が始まりました。
 
 個性を尊重する自由な保育園とはまったく逆の世界の小学校生活。友だちがクラスにいないなかでスタートした小学校は息子にとって、もともとなじむことがたいへんそうな場でした。
 
 ピストルの音が怖く、運動会は最初からずっと耳を塞ぎながらの参加。綱引きでクラスメートに責められ泣いてしまったのは「息子の限界」を見たようでした。胸が痛みました。そんな学校生活に疑問がありながらも私自身の願いは「学校をきらわないでほしい」でした。学校をきらったら、勉強したいときに行き場がなくなり、恐ろしい未来が待ってるとばかりに思ったからです。一番苦しんでいる息子の気持ちは無視して、先生やカウンセラーの言うことにワラをもすがる思いで従って無理やり行かせてました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...