不登校新聞

324号(2011.10.15)

東日本大震災から7カ月 安住磨奈

2013年08月01日 17:11 by kito-shin

鈍磨させたくない気持ち




 東日本大震災が起きて7カ月が経った。
 
 私自身のことにかぎって言えば、被災地で亡くなった知人もいるし、被災してきたもののひと月もしないで帰ってしまった義母・義弟が、福島には住んでいる。
 
 当時のことをふり返るほど日が経ったとも言えないけれど、スーパーから水や日用品がすっからかんになったりはしないし、電力不足が騒がれた猛烈に暑い夏も、いまはひとまずすぎた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...