不登校新聞

238号2008.3.15

その他

声「化学物質過敏症」

化学物質によってさまざまな症状が出る化学物質過敏症。これは、化学物質にさらされた期間の長さに関わらず、その人の体の許容量を超えたときに発症する。一度、発症すれば、ごく微量の化...

  いいね!   none 匿名

全国穴掘り大会“僕らはみんな、掘っている”

08年3月2日、成田ゆめ牧場で行なわれた「第8回全国穴掘り大会」。子ども編集部として参加するとともに、穴掘りに夢中になる人間模様を追った。  穴掘り大会に参加するにあたって...

  いいね!   none 匿名

書評「トリップ」

著者・角田光代 発行・光文社文庫  不思議な物語だった。東京近郊の街に住むフツーの人々が登場する10の短編集。 1つ目は「空の底」という、同級生と駆け落ちの約束をしたけれ...

  いいね!   none 匿名

ぽえむ「甘んじて自分を否定するな」

自分を否定しようとしている自分を否定しようとしている自分には何の価値もない何の役にもたっていない誰のことも救えない何もかも間違っている 僕の中の苦しさが自己否定を引き寄せる...

  いいね!   none 匿名

かがり火 多田元

「むかしのこども」という五味太郎さんの絵本がある。子どもにとって学校が50年以上前から変わらないと感じ、この絵本をつくったと言う。  筆者も最近いつまでたっても「学校」が変...

  いいね!   none 匿名

ひといき 多田耕史・石井志昂

ある日の夕方、理事が私に「今日、夜食べるもの何か買ってきて」と言ってきた。う~ん、またかよぉ、面倒くせえなぁ。でも食べなきゃ結局は腹減るしな、と思いながらコンビニへ弁当を買い...

  いいね!   none 匿名

他の号の記事

指導要録上の出欠の扱い 不登校の歴史vol.539

不登校施策に重要な2019年10月25日通知を紹介してきた。学校復帰を前提に行なわれたこれまでの対応は変更され、普通教育機会確保法に従い、将来の自立支援をめざし、個々の子ども...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 539号 2020/10/1

ひといき

初めまして。本紙5面と子ども若者編集部を担当している、遠藤と申します。 このあいだ、近所のスーパーに出かけたとき、道行く人たちが、みんな一方向にスマホを向けて一心不乱に写真を...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 539号 2020/10/1

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

前号本欄で、まず誤字があったことをお知らせし、お詫びとともに訂正したい。 現在本欄では、学校復帰前提路線から転換した不登校政策を示す大変重要な10・25通知を紹介している。 ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 538号 2020/9/15

ひといき

「かがみの孤城」の舞台を観させてもらった。原作は辻村深月さんが書いた同名の小説。学校へなじめない7人の中学生が主人公である。 主演は元乃木坂46の生駒里奈さん。生駒さんも実際...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 538号 2020/9/15

教育委員会や教育支援センター 不登校の歴史vol.537

現在、本欄では、従来の学校復帰路線ではなくなった10月25日通知を紹介している。まだ昨年出されたばかりの国の通知である。 前号では「2学校等の取り組みの充実」の(3)まで解説...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 537号 2020/9/1

ひといき

コロナなどどこ吹く風で、いつも元気な3歳の娘ですが、「夏休み明け」はやはり多少、憂鬱になるようです。 2週間ほどのお休みのあと、娘は8月後半に保育園に登園したのですが、ふだん...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 537号 2020/9/1

令和元年10月25日通知とは 不登校の歴史vol.536

「令和元年10月25日通知」は、文科省による学校復帰前提の不登校施策を変更し、『学校に登校する』という結果のみを目標にするのでなくなったことが具体的に全国に通知された点で、大...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 536号 2020/8/15

全国不登校新聞社 新代表理事の就任あいさつ

7月に開催された弊社の社員総会におきまして、代表理事に就任しました石井志昂です。 私は中学2年生で不登校になりました。教師との関係、学業不振、いじめなどが重なっての不登校でし...

  いいね!   shiko shiko from 536号 2020/8/15

ひといき

長引く自粛のなか、みなさま、いかがおすごしでしょうか。私は大好きな「道の駅」めぐりをひたすらガマンする日々をすごしております。 「道の駅」で海鮮丼やソフトクリームを食べ、渋滞...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 536号 2020/8/15

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

本紙元代表理事・多田元さん(左)、奥地圭子さん(右) 2020年7月12日、当新聞社の理事会・社員総会が開催されましたが、この日、多くの理事・社員が退任・退社することになりま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

2019年10月25日、文科省初等中等教育局長・丸山洋司氏から発出された「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」は、非常に重要な通知であった。 2016年12月に公...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

かがり火

子どもが成長していくためには、いろいろな社会参加が必要となる。社会参加のうち学校生活はその縮図とも考えられるが、かならずしもそうなっていないのが現実だ。 家庭でできる社会参加...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

ひといき

コロナの影響によるテレワーク生活も早4カ月。自宅で仕事ができるのだからラクかと思いきや私はどうやら向いてなかったらしく、過眠や倦怠感、気力の低下など数年ぶりの不調が続いていま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

法成立後3年目 不登校の歴史vol.534

2019年6月21日、「法の施行状況の検討に係る取りまとめ」の最終有識者会議(合同会議)が開催された。 3年で見直しになるためには、この取りまとめの結果、政府やフリースクール...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 534号 2020/7/15

かがり火

どこかに通うのでなく、家を拠点に学び育っていく教育方法を「ホームエデュケーション」や「ホームスクーリング」などと表現する。もともと熱海でやる予定だった全国大会のなかで、ホーム...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 534号 2020/7/15

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...