不登校新聞

424号 2015/12/15

30倍の地域格差を生んだ「校内いじめアンケート」 教師が語る本音と課題

2015年12月14日 16:20 by kito-shin



 1000人当たりのいじめ認知件数が都道府県によって最大で30倍の開きがあることがわかった(本紙423号)。調査結果を受けて現役の教員はどう感じたのだろうか。小学校教員・柿崎奈津子さん(仮名)にうかがった。

――いじめの認知件数は都道府県によってずいぶん差がありますね。
 そもそもアンケートの内容自体が、都道府県どころか、学校によってもずいぶんちがいます。また聞き方として、「これまでに、いじめを受けたことがありますか」と聞く場合もありますが、「今の学年になって」や「今学期中に」など、期間を区切るものもあります。そのなかで、私の経験では、小学1年生~2年生にアンケートをとった場合、「いじめを受けた」と答える子どもは4割ほどです。5、6年生だと1割~2割ほどでしょうか。
 
 小学校低学年だと、「ケンカ」と「いじめ」の区別がついていない場合があります。悪口を言いあったなど、教師としては「ケンカ」と判断するものでも「いじめられた」と答えることもあります。そのぶん、数が多いんですね。

――生徒が「いじめをうけた」と書いた件数はそのまま教育委員会に報告しているんですか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...