不登校新聞

544号 2020/12/15

お正月に帰省するか否かで悩み中、不登校家庭の3つのやり方を紹介

2020年12月15日 11:12 by kito-shin

 今年はコロナの影響から「お正月は自宅ですごそう」というご家庭も多いと思いますが、毎年この時期になると急浮上してくるのが「実家への帰省をどうするのか」という問題です。不登校の親御さんに取材をしていると、お正月に実家に帰るか否かで悩んだという話をよく聞きます。

 子どもが学校へ行っていないことを祖父母や親戚に話しているご家庭もあれば、そうではないご家庭もあります。不登校の話をしていたとしても「まだ学校へ行っていないのか」と面と向かって言われたら親だってしんどいですし、「〇〇は4月から大学生か」なんて親戚の子どもの話題が出れば、なんとなく心がモヤモヤします。年に1度のこととはいえ、そうした場に居ることは親にとって非常に苦痛です。

帰省の仕方 3つの事例

 では、「お正月の帰省問題」をめぐり、不登校の子どもを持つご家庭ではどう対応しているのか。私が過去の取材などから得られた事例をもとに、乗り切り方のヒントを探ってみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校と「勉強の遅れ」塾探しの前に親がすべきたった1つのこと

581号 2022/7/1

子育てがしんどい親を守る3つのバリア

580号 2022/6/15

不登校のSOSを見逃さず受けとめるための2つのポイント

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...