不登校新聞

544号 2020/12/15

ひといき

2020年12月14日 13:57 by kito-shin

 はじめまして。鬼頭と申します。『不登校新聞』のWEB担当をしています。

 私は中学2年生で不登校になり、約10年間、ひきこもった当事者でもあります。

 非常に苦しい10年を支えてくれたのは両親でした。将来への不安から暴れる私を父親が体を張って受けとめてくれたり
、「死にたい」と言う私に「大丈夫だから。死なないで」と泣きながら母が話を聞いてくれたこともありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

562号 2021/9/15

森の喫茶店 第562号

562号 2021/9/15

編集後記

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...