不登校新聞

544号 2020/12/15

ひといき

2020年12月14日 13:57 by kito-shin

 はじめまして。鬼頭と申します。『不登校新聞』のWEB担当をしています。

 私は中学2年生で不登校になり、約10年間、ひきこもった当事者でもあります。

 非常に苦しい10年を支えてくれたのは両親でした。将来への不安から暴れる私を父親が体を張って受けとめてくれたり
、「死にたい」と言う私に「大丈夫だから。死なないで」と泣きながら母が話を聞いてくれたこともありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

551号 2021/4/1

森の喫茶店 第551号

551号 2021/4/1

ひといき

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...