不登校新聞

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

2021年04月27日 08:30 by kito-shin


みやもとたかひろさん

 中学のとき、僕に立ちはだかった「壁」は、「自信の持てない自分自身」だった。まわりの人の反応を気にして、自分の気持ちに正直になれなかったのだ。今でもおぼえているのは体育の先生からの「もっと自分に自信を持ってほしい」という言葉だ。僕は運動が好きだったけれど、自分よりも運動神経のよい同級生たちを見ると、彼らと比べられるのが怖くて、わざとヘタなふりをしていた。それが先生には、ばれていたのかもしれない。通知表に「もっと自信を持って」と書かれたのだ。

 その後も「自信を持てない自分」は中学生活のいたるところで僕を苦しめた。あるときは生徒会長選挙での立候補だ。生徒会の活動には興味があったので、会長でなくとも役員のメンバーには入りたいと思っていた。しかしみずから立候補する勇気が出ない。頭にふと、「どうせ内申書の評価をよくしたいから立候補するんだろ」と言う同級生の顔が浮かんでしまう。困っていると、担任が僕を推薦してくれた。だから友だちにも「先生に言われたから立候補する」と言うことができた。選挙に立候補できたのは、担任の推薦のおかげだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中1の夏休み明けに学校を辞めた15歳が語る学校という名の洞窟

554号 2021/5/15

中学で人間関係に苦しんだ僕、見つけたのは自分を守れる術

553号 2021/5/1

高校へ行ってと親は言うけれど、私は通える自信がなかったんです

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...