不登校新聞

554号 2021/5/15

ずっと逃げてきたと語る絵本作家・ヨシタケシンスケさんの逃げ論

2021年05月14日 11:26 by kito-shin

 本欄では不登校やひきこもりを主たるテーマに扱った書籍を紹介してきましたが、今号は少し趣向を変えて、1冊の絵本を紹介したいと思います。

 本書『にげて さがして』は今年3月に出版された新刊で、著者は絵本作家のヨシタケシンスケさん。本紙でも2019年11月1日号にてインタビューを掲載いたしました。その際、ヨシタケシンスケさんは「いやなことからは、ずっと逃げてきましたね。最初に入った会社も半年で辞めています」と語っています。

 また、ヨシタケシンスケさんは「言葉にはたくさんの意味があり、その意味を自分でつくり出すこともできる。他人が批判的に使う『逃げる』ではなく、オリジナルな『逃げる』が生み出せたらいいですね」と語っています。本書はそのひとつの答えなのではないか、と私は感じています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

当事者の声を聴き続けて20年、ひきこもり支援とは何かを問う1冊

578号 2022/5/15

7人による不登校インタビュー事例集出来、経験者・親・支援者が語る不登校

577号 2022/5/1

発達障害の当事者22人が語る生きづらさの本音をまとめた1冊

576号 2022/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...