不登校新聞

564号 2021/10/15

編集後記

2021年10月11日 12:57 by kito-shin
2021年10月11日 12:57 by kito-shin

 講演会の多くがコロナの影響でオンラインになっています。オンラインには外出が困難な方や遠方の方も気軽に参加できるよさがあります。先日、久しぶりに会場でお話をさせていただきました。

 うつむいたままの人、少し居心地の悪そうな人、じっとこちらを見据えている人、何度もうなずいてくれる人、メモを取る人。その姿から、不登校やひきこもりについてどのように思っているか、どのような立場の人かがなんとなくうかがえます

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…