不登校新聞

564号 2021/10/15

編集後記

2021年10月11日 12:57 by kito-shin
2021年10月11日 12:57 by kito-shin

 講演会の多くがコロナの影響でオンラインになっています。オンラインには外出が困難な方や遠方の方も気軽に参加できるよさがあります。先日、久しぶりに会場でお話をさせていただきました。

 うつむいたままの人、少し居心地の悪そうな人、じっとこちらを見据えている人、何度もうなずいてくれる人、メモを取る人。その姿から、不登校やひきこもりについてどのように思っているか、どのような立場の人かがなんとなくうかがえます

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…