不登校新聞

564号 2021/10/15

ひきこもりは「ムダだった」と語る芸人・山田ルイ53世の深い思い

2021年10月14日 17:07 by kito-shin

 今回紹介する書籍は、お笑い芸人・山田ルイ53世さんが、幼稚園時代から結婚して1児の父となる現在までの半生をふり返る1冊です。自身の不登校・ひきこもり経験を取りまとめた書籍はいくつもありますが、これほどまでに痛快な笑いと同時に痛みまで感じさせる書籍は他に類を見ません。

 山田ルイ53世さんは中学2年生の夏休み明け、不登校になります。以来、20歳で大学受験に挑戦するまでの約6年間、ひきこもる生活をすることになります。幼少から優等生だった山田ルイ53世さんは、自身の希望で地元の進学校へ進みます。

 しかし、片道2時間かかる通学、お弁当を食べる時間に感じた同級生との経済的格差などがダメージとして心に積もっていく。そして、夏休みに入る前に事件が起こります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

マンガで読める「摂食障害」。親や教員に読んでほしい1冊を紹介

560号 2021/8/15

子どもから死にたいと言われた時、大人の対応に必要な3つの原則

559号 2021/8/1

子どもたちに届けたい言葉がある。不登校だった17歳の自分との対話

558号 2021/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...