不登校新聞

571号 2022/2/1

ゲーム、スマホ、SNS・・・依存症の専門家による親必読の1冊

2022年01月26日 15:26 by kito-shin
2022年01月26日 15:26 by kito-shin

 子どもが不登校になったとき、ゲームやスマホにハマったり、リストカットなどをする子どもたちがいます。彼らはなぜ、モノや行為に依存するのでしょうか?薬物依存症が専門の精神科医・松本俊彦さんが中学生の実例をもとに、依存症のしくみやかかわり方を解説した書籍が『世界一やさしい依存症入門』。親や学校の先生必読の1冊をご紹介します(※画像は松本俊彦さんと書籍)。

* * *

 本書は14歳に向けて、薬物依存症が専門の精神科医・松本俊彦さんが依存症のしくみと関わり方について書いた入門書です。扱われるテーマはエナジードリンクや大麻などのほか、リストカットやゲームなど多岐に渡り、モノや行為に依存する中学生たちのエピソードが詳細に紹介されています。

 名門私立中学に進学したものの、テストなどの成績に悩む中学1年生のカイト君がハマったのは、スマホのゲーム。寝る間も惜しんでやり続け、課金も高額になっていました。怒った両親がスマホを没収しようとすると、暴力をふるうこともありました。ゲームなど、ある特定の行為に依存することを「行為依存」と呼びます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

591号 2022/12/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…