不登校新聞

608号 2023/8/15

「息子の不登校が受けいれられない」正しい子育てと理想の母親像に縛られた私の葛藤

2023年08月09日 15:59 by kito-shin
2023年08月09日 15:59 by kito-shin

 藤本里見さん(仮名)は3人の子どものお母さん。しかし長男と次男は不登校を経験しました。「正しい子どもを育てなきゃ」という思いが強かった藤本さんは、子どもの不登校で自分にもバツがついたように思ったそうです。今では居場所スタッフとして働く長男に思うことなど、藤本さんとお子さんとの軌跡をお聞きしました。

* * *

――長男・新一さんが不登校になった当時のことを教えていただけますか?

 新一が不登校になったのは、中1のとき。きっかけは、夏休み、毎日のように部活があって、宿題が溜まってしまったことでした。8月末に徹夜で仕上げたのですが、いざ学校へ行くと宿題をやっていない子が多くて、みんなに「写させてよ」と言われ、イヤと言うこともできなかったようです。3学期には、誰もがめんどうくさがった学級委員に選ばれてしまったうえ、ふざけている友だちの輪に入ろうとすると、「学級委員はそんな遊びをしちゃダメだろ」とまわりから言われたりして。まじめで、なんでも真に受けてしまうから、からかわれやすいんですよね。そんなことが重なって「行きたくない」と言い出したのが、中1の2月。中2になって再び行き始めたものの疲れ切ってしまって、5月の連休明けからまったく行かなくなりました。

 苦しかったのは、私自身が新一の不登校をなかなか受けいれられなかったことです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなたは誰より大切だよ」不登校を経験した4児の母が、あのころ一番欲しかった言葉【全文公開】

624号 2024/4/15

「僕、先週死んじゃおうかと思ったんだよね」小5で不登校した息子の告白に母親が後悔した対応

623号 2024/4/1

「原因を取り除けば再登校すると思っていた」不登校した娘の対応で母がしてしまった失敗から得られた気づき【全文公開】

623号 2024/4/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…