不登校新聞

608号 2023/8/15

夏休み明け直前に読んでおきたい不登校の子を持つ親を支える1冊

2023年08月09日 13:18 by kito-shin
2023年08月09日 13:18 by kito-shin

 子どもが不登校になったとき、さまざまな不安から焦りや孤独感を抱く親はすくなくありません。日々の生活のなかで、わが子とどう接したらよいのか。学校とはどのようにコミュニケーションを取ればよいのか。また相談先を探すためのコツとは何か。今回は、こうした親のさまざまな不安について解説する1冊を紹介します(※画像は『不登校・登校しぶり 親子によりそうサポートBOOK』)。

* * *

 わが子が不登校になったとき、家でのすごし方、学校とのやりとり、勉強や進路、相談先探しなど、親は多くの悩みにぶつかります。そんなときに親をサポートしてくれる1冊として、埼玉学園大学大学院教授の藤枝静暁さんの新著を紹介します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校を頭でなく心で理解してほしい」専門家が架空の家庭の話を通して伝えたいこと

626号 2024/5/15

「ぼく…もう死にたい」小3の息子の不登校に向き合った元不登校のシングルマザーが語る戦いの物語

625号 2024/5/1

「薬の使い方は?」発達障害について教師・医師・学者が解説

621号 2024/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…