不登校新聞

609号 2023/9/1

「学校とフリースクールの併用がベスト」居場所支援者が語る理由

2023年08月23日 15:23 by kito-shin
2023年08月23日 15:23 by kito-shin

 フリースクールや子ども食堂など、家庭と学校以外の「第三の居場所」に注目が集まっています。しかし子どもがどういう状態になったら利用すればよいのか、親御さんにはわからないことも多いもの。不登校支援に携わる土橋優平さんは「第三の居場所は学校と併用するのもよい」と言います。土橋さん流、第三の居場所のススメを書いていただきました。(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第21回)※写真は土橋優平さん

* * *

 夏休みが明けました。ゴールデンウィークや夏休みなど長期休暇明けに不登校になる子どもは急増します。親御さんとしては学校へ行けるようにと日々の声かけや生活を整えてあげるなど試行錯誤されるでしょう。お子さんの不登校が長く続いているご家庭でも、親御さんの頭のどこかに「夏休み明け、学校行ってくれないかな」といった考えが浮かんでいるのではないかと思います。私は今回、学校だけでなく、フリースクールなどの外の場所を利用することを早めに検討してみませんか、という提案をしたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校を頭でなく心で理解してほしい」専門家が架空の家庭の話を通して伝えたいこと【全文公開】

626号 2024/5/15

「不登校の子が心の扉を閉ざす理由は」フリースクール代表が語る子どもの感情の寄り添い方

625号 2024/5/1

「フリースクール選びのコツは?」フリースクール代表者が語るフリースクール選びでもっとも大切にすべきこと

624号 2024/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…