不登校新聞

609号 2023/9/1

「今年も9月1日が来る」子どもの自死を防ぐための4つの原則【全文公開】

2023年08月29日 17:33 by koguma
2023年08月29日 17:33 by koguma

「9月1日」は子どもの自殺がもっとも多い日です。つらい気持ちを抱える子どもを前に、大人である私たちにできることは何か。それは「TALKの原則」に沿った対応です(※画像は『TALKの原則』)。

* * *

 今年も「9月1日」がやってきます。過去40年間で、子どもの自死がもっとも多い日です。また近年、子どもの自死は増加の傾向にあります。厚生労働省によると、2022年の1年間でみずから命を絶った子どもの数は514人と、統計開始以来、初めて500人を超え、過去最多となりました。

 また、「いのち支える自殺対策推進センター」が2021年に公表した調査結果によると、インターネット上で「学校 行きたくない」というワードの検索数が増加したのち、子どもの自死が増加したという関連性があることが明らかとなりました。このことから、「学校へ行きたくない」という子どもの訴えは、命にかかわるSOSだと私は考えています。では、子どものSOSを大人が受けとめるために、何ができるのか。1つの道筋となる「原則」を紹介します。

TALKの原則 ポイントは

 つらい気持ちを抱える子どもに対応する際、重要となるのが「TALKの原則」です。これは、①「Tell」(言葉に出して心配していることを伝える)、②「Ask」(「死にたい」という気持ちについて、率直に尋ねる)、③「Listen」(絶望的な気持ちを傾聴する)、④「Keep safe」(安全を確保する)の頭文字を取ったものです。

 ここで言う安全確保とは具体的に「緊急時には子どもから目を離さないこと」、「登校させないこと」などが挙げられます。

 また、自殺問題に詳しい精神科医・松本俊彦さんは2つのポイントがあると言います。1つめは「Ask」について、「死にたいという気持ちについてたずねることは悪いことではない。瀬戸際にいる子どもの背中を押してしまうことにはならない」と指摘します。

 2つめは「Listen」について、絶対にしてはいけないことがある。それは「バカなことを言うな」と子どもの話を遮ったり、「死んではいけない、残された人はどうするんだ」などの正論をぶつけることだと松本さんは指摘します。

今だけじゃない 共通認識として

 学校の長期休み明けにあたるこの時期は、子どもの自死に大きな注目が集まります。しかし、子どもの自死は1年を通じて起きているのが現状です。親や教師といった立場に関係なく、つらい気持ちを抱える子どものそばにいるすべての大人が、子どものSOSに耳を傾けられるようになるためにも「TALKの原則」を共通認識として考え、実践していくべきだと考えます。(編集局・小熊広宣)

「TALK」の原則

①「Tell」
言葉に出して心配していることを伝える。

②「Ask」
「死にたい」という気持ちについて、率直に尋ねる。

③「Listen」
絶望的な気持ちを傾聴する。

④「Keep safe」
安全を確保する。

相談先一覧

【LINEやチャットで相談】

■「生きづらびっと」(LINE)
⇒@yorisoi-chat

■「弁護士子どもSNS相談」(LINE)
⇒@439hitrs

■「こころのほっとチャット」(LINE)
⇒@kokorohotchat

■「あなたのいばしょ」(チャット)

■「チャイルドライン」(チャット)

【電話で相談】

■「#いのちSOS」
⇒0120-061-338

■「チャイルドライン」
⇒0120-99-7777

■「24時間子供SOSダイヤル」
⇒0120-0‐78310

■「子どもの人権110番」
⇒0120-007-110

関連記事

「親がしてはいけないことが2つあります」『不登校新聞』編集長が語る「不登校きほんのき」【全文公開】

610号 2023/9/15

「人生が詰んだ」と悩んだ不登校新聞代表が20年の取材活動を経て辿り着いた1つの結論【全文公開】

609号 2023/9/1

帰省は希望者だけでOK。お盆の時期に『不登校新聞』編集長からの提言

608号 2023/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

610号 2023/9/15

「親として余裕を持ちたい」。そう思っていても、忙しい日々のなか気持ちの余裕を持…

608号 2023/8/15

「希林さん、お祈りしていて」。バースセラピスト・志村季世恵さんは女優・樹木希林…

607号 2023/8/1

フルタイムで仕事をしていたななみさんは、小学1年生から不登校になった息子のこと…