不登校新聞

618号 2024/1/15

「うるせー、くそばばあ」不登校のわが子の暴言に悩む親に試してほしいこと

2024年01月09日 17:02 by kito-shin
2024年01月09日 17:02 by kito-shin

 「子どもからの暴言がつらい」。子どものために尽くしても、本人から心無い言葉を投げられる。そんなつらい毎日をすごしている親御さんは多くいます。今回は、暴言を吐く子どもにどのように対応したらよいのか、おすすめのコミュニケーション方法をお伝えします(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第30回)

* * *

 「うちの子、何かにつけて暴言がひどく、私がつらくなってしまうんです」。そんなご相談を受けることがよくあります。子どもは学校へ行かないことをまわりに否定されることで、劣等感を感じることがあります。そして、崩れそうな自分の心を守るため、警戒心が強くなり、周囲に対する攻撃的な態度が強まる。それが反抗期と重なると、親でさえ、その場で泣き崩れたくなるくらいの辛辣な言葉が子どもの口から出てきてしまうのです。

 では、そんなとき子どもとはどう関わればよいのか、今回は書かせていただきます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「楽しくてやってるわけじゃない」子どもがゲーム・ユーチューブに熱中する本当の理由

621号 2024/3/1

「アドバイス通りにできない」と悩む不登校の親に試してほしい2つのこと

620号 2024/2/15

「あえて言います。もう『子育て』をやめてください」親子が信頼し合うために、じつは無責任が大事な理由

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…