不登校新聞

618号 2024/1/15

楽しかった「あのころ」を探す旅へ 帰国子女不登校の僕が母校へ帰った理由

2024年01月11日 10:27 by kito-shin
2024年01月11日 10:27 by kito-shin

 「あのころに会いに行きたい――」。幼少期をアメリカですごし、日本に帰国後、不登校になったという馬場貴也さん(23歳)。そんな馬場さんは、幼少期に通っていたアメリカの日本人学校へふたたび出向き、生徒に向け講話をしたと言います。それは馬場さんにとって、自身の半生を総括する時間となりました(※写真は日本人学校で講話をする馬場貴也さん・右端)。

* * *

 2023年9月1日、僕は母校であるアメリカのシカゴにある日本人学校(シカゴ双葉会日本語学校全日校)を訪問してきました。日本人学校とは、日本国内の学校における教育とほぼ同等のものを行なうことを目的とする学校です。

 僕が通っていた日本人学校は、小学部~中学部合わせて全体で106名の生徒がいます。全日校と補習校に分かれており、全日校は月~金まで授業があり、補習校は、週末だけ開校し、国語と算数を中心に授業をしています。僕は、全日校に2006年~2008年、小学1年生~3年生のあいだ通っていました。

日本に帰国後 不登校に

 僕はシカゴに2歳から9歳まで住んでいました。そこは日本ではまず見かけないほど緑豊かで、青空が美しい環境でした。いっしょに遊べる友だちも多く、楽しい日々をすごしていました。

 しかし日本に帰国した後、環境が大きく変わったことでカルチャーショックを受け、同級生や先生からの暴行や言葉による暴力などもあり、小学4年生のころに不登校になりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…