不登校新聞

620号 2024/2/15

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

2024年02月07日 17:21 by kito-shin
2024年02月07日 17:21 by kito-shin

 不登校は「行かない行為」ではなく「『行く行為』の欠損」だ――。詩人・ライターの喜久井伸哉さんはそう言います。喜久井さんが不登校していたころ、大人から不登校の原因・理由を聞かれても、答えられなかったそうです。なぜ、当事者は理由を言えないのか。そもそも不登校とはなんなのか。喜久井さんに書いていただきました(※写真は喜久井伸哉さん)。

* * *

 私は、「学校へ行きたいのに、行けない」経験をしてきた。頭では「行きたい」と思っていても、身体が動かないせいで、「行けない」状態になっていた。

 そのため、親や教師から、「原因」を聞かれても、答えようがなかった。「行けない」のは、「私の頭(意思)」で考えた結果ではなく、「私の身体」のせいだったからだ。

 私が「行けない」ときに起きていたのは、「行かない行為」ではなく、「『行く行為』の欠損」だった。みずから、意思のある「行為」をしていたならば、「なぜ行かないのか」という「原因」を、説明することができただろう。しかし、「行為の欠損」では、説明できない。

吃音の事例から

 「行為の欠損」とは、どのようなことか。一例を挙げると、吃音がある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「中学3年間はほぼ授業に出ていません」不登校経験者が夢中になれることを見つけたターニングポイント

620号 2024/2/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…

618号 2024/1/15

不登校の子どもを持つ親との面接を長年続けてきた、臨床心理士の田中茂樹さん。たく…