不登校新聞

275号(2009.10.1)

読者の眼 新政権発足③

2014年01月29日 11:52 by 匿名
 民主政権になって、学校のあり方自体が、子どもの立場から変わってくれることを願っています。

 いまの学校は、あらかじめ決められた学力に、子どもたちを到達させるような教育のあり方です。大人や学校関係者が子どもたちに求めているものです。それはまるで、腹いっぱいの子どもに、もっと食べろ、もっと食べろと言って、子どもの口の中に食べ物を押し込むのに似ています。子どものほうは、腹いっぱいでも一生懸命口の中に押し込まれた食べ物を飲み込もうとしていますが、それ以上飲み込めなくて、つらくなって、食べ物を拒否するようになっています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校してから私が歩んだ道は、夢が叶わずとも悔いてない道のり

541号 2020/11/1

私をいじめていた「あの子」に15年ぶりに会って感じたこと

541号 2020/11/1

「不登校だからうまくいかない」私の意識が変わったきっかけは

540号 2020/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...