不登校新聞

275号(2009.10.1)

かがり火 多田元

2014年01月29日 11:30 by nakajima_


夏休みが終わる前に、名古屋で焼身の中3男子、静岡県で飛び降り自殺の中2女子2人、思春期の子どもが相次いで死を選ぶ悲しい事件があった。

 いろいろな事情があったにせよ、学校が始まるのが大きな重圧だったにちがいない。学校が本当によき友、よき師と出会い、生きる力を得る場であったら、夏の終わりにこんな悲劇が、それも毎年のようにくり返されるはずがないから。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...